不動産売買

土地はエリア(立地)で選びましょう

  1. 石川相続コールセンター >
  2. 不動産売買 >

土地はエリア(立地)で選びましょう

不動産を選ぶ基準は何があるでしょう?

  • エリア(立地)
  • 価格
  • 広さ

でしょうか。

エリア(立地)×広さ=価格

という関係にも、なりますが、

価格とエリア(立地)のどちらが大事か?となると、

ずばり、

エリア(立地)です。

理由は、

将来、土地と建物を売るときに、建物に値段がつかないかもしれないからです。

どんなに立派な建物を建てても、30年後には、多くの場合、価値は、ほぼ0になります。

むしろ、取り壊し費用がかかるので、大きくて丈夫な建物ほど、費用(100~200万円ほど)が、かかります。

一方、土地は、需要さえあれば、値段がつきます。

問題は、「30年後にも、その土地を買いたい人がいるかどうか」という事です。

見極め方は、

  • 若い人がどんどん流入してきている
  • 近辺に小学校、中学校が複数ある
  • 自治体にお金がある
  • 田畑や空き地だった土地に、住宅が建ち始め、まだ、空き地等がたくさんある

などでしょうか。

また、30年後と言わず、転勤等で、今すぐ、売る必要が出たときに、高く売れる事が大事です。

でないと、住み替え費用が捻出できません。

ですので、

  1. お手頃価格の人気のない広い土地
  2. 多少予算を超えるが人気のある少し狭い土地

の2択であれば、絶対に、「2.多少予算を超えるが人気のある少し狭い土地」を選ぶことが大事です。

一方、

「実家の近くに住む必要がある」

「生涯、引っ越しをしない」

など、その場所に、生涯、住み続ける強い理由がある場合は、上記はあてはまりませんね。

-不動産売買

Copyright© 石川相続コールセンター , 2021 All Rights Reserved.