不動産売買

賃貸か持ち家か?(私見です)

  1. 石川相続コールセンター >
  2. 不動産売買 >

賃貸か持ち家か?(私見です)

私は以下の条件なら、断然持ち家がお得と考え、建売住宅を購入しました。

条件

  • 石川県在住
  • 最近10年間、大きく地価が下がってない場所
  • 今後も大きくは下がらない見込み
  • 引っ越しの予定がない
  • 3LDK以上の部屋数が欲しい
  • 車が2台以上ある
  • 建売住宅

石川県は首都圏などに比べて、地価が安いため、持ち家の方が割安です。

そして、住宅ローンを完済後、自宅を高く売る事ができれば、住宅ローンを払っているのではなく、貯金しているようなものです。

転勤が多く、引っ越しの予定があれば、持ち家はリスクとなってしまいますが、

引っ越しの予定がないのであれば、住所を固定するだけで、居住コストを大きく下げられることになります。

仮に引っ越す場合でも、土地の値段が高ければ、流動性が出てくるので、現在の家を売って、別の場所に住むことも、不可能ではありません。

また、石川県では、注文住宅が多いですが、個性のある注文住宅より、万人受けするよう設計された建売住宅の方が、買い手は付きやすいです。

つまり、高く売れます。

建売住宅は、売れるためにプロが考えぬいた、商品性の高い設計になっています。

欲しいところに、収納やコンセントがあったり、動線にも無理がありません。

洗濯機が入らない、冷蔵庫が置けないなどといった、明らかな設計ミスもありません。

それでいて、割安です。

ところで、どんなにお金をかけて家を建てても、数十年後の価値は、ほぼ土地値になります。

つまり、土地の値段だけとなります。建物は、価値が0どころか、取り壊し費用のかかるお荷物となります。

そうなると、土地の値段が、今後、上がるのか、下がるのかで、大きく運命が分かれます。

結論として、

ポイント

土地の値段が下がりにくい場所にある、建売住宅は、経済性のみを考えれば、ベスト

経済性だけなら

建売住宅>注文住宅>賃貸住宅

です。

  • この記事を書いた人

司法書士 山田達也

 昭和44年生まれ。3児の父。平成17年、石川県金沢市に、司法書士を開業し、平成30年に行政書士事務所、平成31年きびきの不動産を開業。マンション管理士、民事信託士等の資格を保有し、不動産及び財産管理に強い事務所を目指しています。「悔いなく生きる」をモットーに、お客様の「生きる」を全力で、サポートします。

-不動産売買

Copyright© 石川相続コールセンター , 2021 All Rights Reserved.