相続

配偶者居住権の存続期間

2021年2月13日

  1. 石川相続コールセンター >
  2. 相続 >

配偶者居住権の存続期間

2021年2月13日

配偶者居住権は存続期間を登記しなければなりません。

例えば、

「配偶者居住権者が死亡する時まで」

などです。

配偶者居住権は、残された配偶者のための権利ですので、終生続くことが望ましいと考えられますが、

場合によっては、

「10年又は配偶者居住権者の死亡時までのうち、いずれか短い期間」

などとすることもできます。

どのような場合かというと、

他の相続族財産に比べて、あまりに自宅の価値が大きい場合や、残された配偶者の余命がかなり長い場合です。

この場合、配偶者居住権を取得してしまうと、それだけで、法定相続分を超えてしまい、他の相続財産を取得することができなくなる場合があります。

これを防ぐために、例えば、前述のように、

「10年又は配偶者居住権者の死亡時までのうち、いずれか短い期間」

とすれば、

最長でも、10年間だけ、配偶者居住権が存続することになり、配偶者居住権の財産的評価が、終生続くものよりは、低くなります。

そうなると、残された配偶者は、他の相続財産を取得できるかもしれません。

よく考えられた制度ですね。

-相続

Copyright© 石川相続コールセンター , 2021 All Rights Reserved.