法改正

故郷の親の戸籍がこっちで取れるようになるの?!

  1. 石川相続コールセンター >
  2. 法改正 >

故郷の親の戸籍がこっちで取れるようになるの?!

令和5年度中に開始予定

「本籍地以外の地区町村での戸籍謄抄本の発行」

相続手続きは面倒です。

特に、戸籍を取るのが面倒ですね。

たとえば、都会に住んでいる方は、親が亡くなると、親の住んでいた市区町村に行って、

なんだかんだと手続きをしなければなりません。

その後、相続手続きのため、戸籍を取るのですが、現在の戸籍だけでは足りません。

親が、生まれてから亡くなるまでの戸籍を取らねばなりません。

本籍を動かしてなければ、いいのですが、結婚や就職を機に、本籍を動かしている方がほとんどです。

市区町村をまたいでいる場合は、その市区町村へ行かなければなりません。

郵送でも戸籍を請求できますが、その場合の手数料は、定額小為替を使う必要があったりと、

中々面倒です。

郵送で戸籍を集めると、1~2か月かかることもあります。

なぜ、1~2か月かかるかというと、郵便で何往復もする必要があるからです。

ところが、この、「本籍地以外の地区町村での戸籍謄抄本の発行」が、開始されると、

最寄りの市区町村、1か所で、全ての戸籍が取れるようになります。

郵送ではないので、1~2か月もかかりません。

おそらく1日で、全ての戸籍を集められるのではないでしょうか。

便利になりますね。

令和5年度中に開始される予定です。

  • この記事を書いた人

司法書士 山田達也

 昭和44年生まれ。3児の父。平成17年、石川県金沢市に、司法書士を開業し、平成30年に行政書士事務所、平成31年きびきの不動産を開業。マンション管理士、民事信託士等の資格を保有し、不動産及び財産管理に強い事務所を目指しています。「悔いなく生きる」をモットーに、お客様の「生きる」を全力で、サポートします。

-法改正

Copyright© 石川相続コールセンター , 2021 All Rights Reserved.