遺言

最後のお望みは何ですか?

  1. 石川相続コールセンター >
  2. 遺言 >

最後のお望みは何ですか?

 

「BS放送が観たい」

それが、その方の最後のお望みでした。

身寄りのない方でした。

夫に先立たれ、お子さんもいませんでした。

ご病気で死期が近くなり、施設に入られました。

そして、すぐにこう言われました。

「先生、お願いがあります。」

私は、短い時間に、色々なことを考えました。

きっと、すごく大事なことを頼まれるのだろう。

遠方にいる誰かに、伝言を頼む?

遺言の変更?

安楽死のご希望?

どれも違いました。

「BS放送を観れるようにしてほしい。」

とおっしゃいました。

若いころ、夫と色々な外国に旅行に行った。

BS放送では、外国の風景を観ることができて、楽しかったころを思い出すから。

ということでした。

さっそく業者さんに電話し、翌日から、海外の風景や街並みを楽しめるようになりました。

その後、いつ伺っても、BS放送を観ておられました。

なんというか、1m先のテレビを観ているはずなのに、お顔は、どこか遠くを見ているような、うっとりとした表情が、忘れられません。

この方のご依頼は、

公正証書遺言

自筆証書遺言による遺贈

任意後見契約

財産管理

身元保証契約

死後事務

ご自宅売却

税理士さんとの調整

など、それぞれに大小のハードルがあり、やりがいのあるものでした。

私は、それらを乗り越えたという、自己満足がありました。

しかし、その方の最大の満足は、まったく別のところにありました。

電話1本で得られるものでした。

もっとお話しを伺えば、他にもご要望が、あったんじゃないか?

もっと、訪問すればよかった、など、今でも時々思います。

そして、もう一つ、思うことがあります。

元気なときに、好きな人と、好きなところに行き、好きなものを食べ、好きなことをする。

いつか、これらができなくなったとき、あれもやった、ここも行った、あの人と、こんなことをした。

思い出して、うっとりできるんだなぁと。

つくづく、悔いなく生きたいなと思いました。

 

  • この記事を書いた人

司法書士 山田達也

 昭和44年生まれ。3児の父。平成17年、石川県金沢市に、司法書士を開業し、平成30年に行政書士事務所、平成31年きびきの不動産を開業。マンション管理士、民事信託士等の資格を保有し、不動産及び財産管理に強い事務所を目指しています。「悔いなく生きる」をモットーに、お客様の「生きる」を全力で、サポートします。

-遺言

Copyright© 石川相続コールセンター , 2021 All Rights Reserved.