遺言

検認とは

2020年3月2日

  1. 石川相続コールセンター >
  2. 遺言 >

検認とは

2020年3月2日

自筆証書遺言などの遺言で必要な場合があります。

今のところ、自筆証書遺言では、検認が必要ですが、令和2年7月10日から、改正により、法務局で保管してもらうことができるようになります。

この改正により、法務局で保管される自筆証書遺言は、執行の際には、検認が不要になります。大きな改正ですね。

ですが、現時点(令和2年3月2日現在)では、自筆証書遺言には、検認が必要です。

この検認ですが、家庭裁判所に申し立てします。その際、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍謄本などの、戸籍類を添付します。

この戸籍類を集めるのが、なかなかの手間で、遠方ですと、郵送で何回も取り寄せることもあります。

検認の際には、相続人全員が呼び出しを受けるのですが、欠席者がいても、検認は有効です。

立ち会った相続人の前で、遺言書が開封されます。緊張の一瞬です。

無事検認が済みますと、その遺言で不動産の名義を変更したりできるようになります。

ちなみに、公正証書遺言は、検認は必要ありません。

-遺言

Copyright© 石川相続コールセンター , 2020 All Rights Reserved.