遺産分割

借金は相続人全員が負います。

2020年3月16日

  1. 石川相続コールセンター >
  2. 遺産分割 >

借金は相続人全員が負います。

2020年3月16日

遺産分割協議で何ももらえなくても、借金は負います。

例えば、父が亡くなり、長男と次男が相続人だったとします。

遺産分割協議で、長男が遺産全部を取得しました。

次男は、遺産分割協議で、何も取得しませんでした。

数週間後、亡き父の債権者から、借金を払えという手紙が届きました。

次男は、借金を払う必要があるでしょうか?

答えは、

必要がある。

です。

遺産分割協議で、借金も含めて、長男が相続すると定めても、債権者には対抗できません。

したがって、次男も法定相続分である2分の1は、借金を支払う必要があります。

いやですよね。何ももらってないのに、借金だけ背負わせられるのは。

ですので、被相続人に借金がある、又は、あるかもしれないときは、相続放棄をするのが良いでしょう。

-遺産分割

Copyright© 石川相続コールセンター , 2020 All Rights Reserved.