法改正

無権代理人の責任

2020年3月28日

  1. 石川相続コールセンター >
  2. 法改正 >

無権代理人の責任

2020年3月28日

「私は彼の代理人です」とウソをついた人には、責任を取ってもらえます。

以下は2020年4月1日以降に、改正民法が施行された場合のお話です。

Aさんが、Bさんの代理人と偽って、Bのために自宅を売る契約をしました。

Bの家を買う事になったCは、Aに代理権がないことを知りません。

Cは売買代金をAに支払いましたが、当然ながら、家は手に入りませんでした。

CはAに代理権がないことを過失により、知りませんでいた。

この場合、Cは嘘をついたBに対し、何ができるでしょうか?

Cは、Bに対し、履行(家を引き渡せと言う)か、損害賠償を請求することができます。

改正前は、Bに代理権がないことを過失により知らないCは、これらの請求ができませんでいた。

ただし、不法行為の要件を満たせば、別途請求できます。

  • この記事を書いた人

司法書士 山田達也

 昭和44年生まれ。3児の父。平成17年、石川県金沢市に、司法書士を開業し、平成30年に行政書士事務所、平成31年きびきの不動産を開業。マンション管理士、民事信託士等の資格を保有し、不動産及び財産管理に強い事務所を目指しています。「悔いなく生きる」をモットーに、お客様の「生きる」を全力で、サポートします。

-法改正

Copyright© 石川相続コールセンター , 2021 All Rights Reserved.