民法改正

仮差押や仮処分では時効は更新されません。

2020年4月1日

  1. 石川相続コールセンター >
  2. 民法改正 >

仮差押や仮処分では時効は更新されません。

2020年4月1日

完成猶予にはなります。

以下は2020年4月1日に民法改正により変更になった点です。

例えば、Aさんは、Bさんにお金を貸したとします。ところが、Bさんは、お金を返してくれません。

そうこうしているうちに、債権の消滅時効期間である5年が迫ってきました。Aさんは、とりあえず、Bさん所有不動産の仮差押を裁判所に申し立てました。

裁判所での手続きなので、時効が更新(改めて、その時点から時効が再スタートすること)されると思っていたら、違いました。

そうです、改正前は、仮差押及び仮処分をすると、時効が更新されましたが、改正後は、その効果は完成猶予となりました。

仮差押及び仮処分については、その事由が終了した時から6か月を経過するまでは、時効は完成しません。

では、その事由が終了した時とは、いつのことを言うのでしょうか。

改正前の判例では、仮差押登記が抹消された時とされていますが、反対する意見もあります。

なぜなら、仮登記さえ入れておけば、永遠に消滅時効にかからないことになるからです。

実務的には、仮差押をしたら、すみやかに本案訴訟を提起する等の、他の時効更新手続きをするのが、よいでしょう。

-民法改正

Copyright© 石川相続コールセンター , 2020 All Rights Reserved.